コーヒー ダイエット
のメリット・飲むタイミング・注意点

コーヒーダイエットとは、食後・入浴前・運動前などのタイミングで日中に3杯程度ホットのブラックコーヒーを飲むというダイエット法です。
今回はコーヒーダイエットを検証致します。コーヒーは飲みすぎなければ、ダイエットや美容に効果的です。コーヒーを飲むことでどのようなメリットがあるのでしょうか?

コーヒーを飲むメリット

出典:Instagram

コーヒーには、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれます。クロロゲン酸には、脂肪燃焼を高める働きがあります。また、血糖値の上昇を抑える働きがあるため、食べ物と一緒に摂ると太りにくくなります。さらに、クロロゲン酸を含むコーヒーを飲むことで、胃が刺激され、胃酸が多く出るため、消化をスムーズに行うことができます。クロロゲン酸には強い抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果が期待できます。
コーヒーに含まれるカフェインやカリウムには利尿作用があるため、むくみを解消することで、痩せやすくする効果が期待できます。また、カフェインには脂肪燃焼を高める効果があるため、ダイエットに効果的です。さらに、カフェインには眠気を覚まし、集中力を高める効果があります。

コーヒーを飲むタイミングによって効果が違う!

出典:Instagram

食前:血糖値の上昇を抑えて脂肪の蓄積を抑える
食後:胃酸の分泌を促すことで、消化を助ける
入浴前:コーヒーの脂肪燃焼効果が体を温めることにより高まる
運動前:コーヒーの脂肪燃焼効果が運動することにより高まる

コーヒーのカロリー・栄養素

出典:Instagram

コップ1杯200㏄あたりのカロリーは
コーヒー8kcal
コーヒー砂糖入り70kcal
コーヒー砂糖ミルク入り106kcal
コーヒー自体にはほとんどカロリーが含まれていませんが、砂糖やミルクが入るとカロリーがどんどん上がっていきます。砂糖入りのコーヒーにはダイエット効果はないため、コーヒーダイエットは、ブラックコーヒーを選ぶようにしてください。ミルクは1日の牛乳の量が合計でコップ1杯程度なら構いませんが、それ以上になる場合はブラックで飲むことをお勧めします。ダイエットと美容効果を上げるためには、ブラックが一番お勧めです。

コーヒーダイエットの注意・デメリット

出典:Instagram

コーヒーを飲む温度に注意

出典:Instagram

暑い時期に飲むアイスコーヒーは美味しいですが、ダイエットや美容目的なら出来れば常温~ホットの状態で飲んだ方が効果は高いです。冷たい飲み物は内臓を冷やし、内臓の働きを鈍らせてしまうため、代謝を上げにくくなってしまいます。

コーヒーを飲む量に注意

出典:Instagram

コーヒーは3~4杯がベストです。それ以上飲むと、健康を害するリスクがあるので注意しましょう。

コーヒーとともに水分をしっかり摂る

出典:Instagram

コーヒーは利尿作用があるため、水分補給の代わりにコーヒーを飲んでいると、体の水分が少なくなる可能性があります。体に水分が少なくなると便秘を引き起こし、ダイエットや美容の妨げになってしまうこともあります。コーヒーばかり飲むのではなく、水分補給に水や麦茶などを飲むことも忘れずに、ダイエットを行いましょう。

胃が弱い人はコーヒーに注意

出典:Instagram

コーヒーを飲むと胃酸の分泌が促されるため、空腹時にコーヒーだけ飲むと胃が荒れてしまうことがあるため、食前に摂りたい場合は、食べ物を食べる直前に飲むか、少し薄めのアメリカンコーヒーを飲むといいでしょう。また、胃が弱い人はコーヒーダイエットが向いていない場合があるので気をつけて下さい。

夜に飲むと寝られなくなることも

出典:Instagram

コーヒーにはカフェインが多く含まれ、効果が持続するのは4~6時間程度といわれています。したがって、夜に飲むと、なかなか眠れなくなる可能性があります。コーヒーダイエットは日中に行うことをお勧めします。

コーヒーダイエットまとめ

出典:Instagram

コーヒーダイエットは、量や飲み方に気をつければ、ダイエットや美容に効果的です。1日3杯程度のコーヒーを飲む習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。