いつ飲むのが効果的?「甘酒×豆乳」レシピまとめ

女性のホルモンをサプリメントしてくれる豆乳は、多くの女性にもその効果が浸透され馴染みも深くなってきましたが、そんな豆乳に甘酒をプラスした「甘酒豆乳」は芸能人が健康のために愛飲していることもあり注目度が高くなっています。この記事ではそんな甘酒豆乳の飲み方やレシピをまとめてみました。

アンチエイジングやダイエット効果も期待できる甘酒豆乳

八海山 麹だけでつくったあまさけ 825g

八海山 麹だけでつくったあまさけ 825g

キッコーマン飲料 調製豆乳 200ml×18本

キッコーマン飲料 調製豆乳 200ml×18本

甘酒豆乳は、女性ホルモンを補助してくれる豆乳と、酒粕を素材に使用した甘酒を混ぜ合わせた健康飲料です。女優としても有名な永作博美さんが美容と健康の秘訣として紹介していたことが発端になり、美容に高い意識を持っている女性たちを中心に高い注目を得ています。

そんな甘酒豆乳は互いの成分の効果でアンチエイジングをはじめダイエットにも効果が規定できるといわれています。

甘酒豆乳の効果は?

甘酒豆乳の効果はいろいろ言われてはいますが、基本的な効果としてアンチエイジングなどの美容効果やダイエット効果、体力回復や便秘改善が主となっています。いずれも甘酒と豆乳の成分が体に影響した結果ともいえますが、お互いの素材が組み合わせることによって更に健康的な効果も得られることがあるようです。

甘酒豆乳の作り方

甘酒豆乳の基本的な作り方は甘酒と豆乳を1:1で混ぜるだけです。豆乳の種類は好みによりますが、無調子絵豆乳を使用すれば甘酒の甘さを抑えた飲みやすい仕上がりになります。逆に甘い飲み物がほしいときには調整豆乳を使うなどその時の調子にも合わせることができます。

甘酒豆乳はいつ飲むのがいい?

甘酒豆乳の飲むタイミングとしては朝食の前か、朝食と一緒に摂取するのが好ましいです。

理由としては豆乳に含まれている大豆たんぱく質が満腹感を感じさせてくれ、徐々に食べる量も減らしてくれるのでダイエット効果も期待できます。
その他栄養分の吸収力が高い朝に摂取することで、甘酒豆乳の成分を効率よく取り入れることもできます。

断食中に飲んでも大丈夫?

甘酒豆乳は断食に摂取することで、高い栄養素を効率よく摂取できるのでおすすめできます。

しかし豆乳に含まれているイソフラボンの一日の摂取量が定められておあり、豆乳の一日摂取も200mlで抑える必要があります。

断食中は朝のみ甘酒豆乳を飲むなどしてうまく調整しましょう。

甘酒豆乳を使ったレシピ

毎日の食事にプラスワンをして女性らしいボディをゲット

甘酒豆乳は毎日、毎朝の食事にプラスすることでダイエットやアンチエイジング効果をうまく引き出すことができます。豆乳の摂取量に気をつけなければいけない部分もありますが、作り方も簡単なこの甘酒豆乳は是非食事と一緒に取り入れてみてください!