ダイエットには不向き!小麦粉には糖質がたっぷり

あなたは小麦粉を使って作られている料理を知っていますか?小麦粉はダイエット中は特に注意してほしい食材で、太りやすい体質にしてしまう糖質がたっぷりと含まれています。日頃からよく小麦粉を使った料理を食べているという方は、小麦粉の成分やダイエットに向いていない理由など知って、効率よくダイエットしましょう。

小麦料理が美味しい!

パンやパスタなどの小麦を使った料理は美味しくて食が進みますよね!けれどそんな小麦粉を使った料理はダイエットにはあまり向いていないとされています。
今回は小麦粉の成分やダイエットに向いていない理由などをご紹介していきます。

小麦粉には糖質がたっぷり!

<糖質とインスリンの働き>

<糖質とインスリンの働き>

小麦は「糖質」が多く含まれていて、口にすると血糖値が急激に上がり「インスリン」沢山出してしまう「糖質過多食材」です。
特に空腹時には注意が必要で、お腹がかなり減っている状態の時に小麦粉が含まれている糖質の高い食事を摂ってしまうと血糖値が急激に上がってしまいます。

「インスリン」とは、血糖値が急激に上がることで分泌されるホルモンで血糖値の上昇を抑えようと働いてくれます。しかし、このインスリンが大量に分泌される事によって起こるデメリットがあるのです。

インスリンが分泌されると、身体にある糖を筋肉に取り込ませてエネルギー源として消費させようとします。この時に余った糖は「グリコーゲン」という成分として体に蓄えられます。
この流れが一般的なのですが血糖値が急激に上がってしまって糖が大量に体に入ってきた場合、体が糖をエネルギー源として処理しきれない為、インスリンが糖を脂肪細胞に取り込ませて「中性脂肪として蓄えてしまう」という事になるのです。

こうなってしまうと体に脂肪がついて太ってしまったり太りやすい体質になってしまったり、インスリンが上手く分泌しなくなってインスリン作用不足となり最悪の場合は「糖尿病」に繋がってしまう恐れもあるのです。
また、糖尿病から脳梗塞や心筋梗塞などの病気へと繋がる場合も多いようなので、糖質による血糖値の急上昇には気を付けなければいけません。

私達が日常でよく口にする、パスタやパン・ラーメンなどは小麦を使って作られています。

また、パスタにかけるクリームソースにも小麦が使われていて、カルボナーラやクリームパスタなどは、ダイエットには最も避けたい「糖質×脂質」の組み合わせに該当します。

<小麦をたくさん使った料理>
・クリームコロッケ
・マカロニグラタン
・たこ焼き
・お好み焼きなど

パスタとパスタソースの組み合わせ以外にも、小麦粉を多く使って作られている料理は意外にも多いです!
クリームコロッケは特に、ほとんど小麦粉でできているといってもおかしくない料理で、クリームソースには小麦粉・バター・牛乳を使用し、揚げる際の衣には卵とパン粉と小麦粉をというようにかなり小麦が使われている事が分かりますね。

マカロニグラタンも同様にベシャメルソースはクリームコロッケのクリームソースと同じで、マカロニも小麦粉から作られているので小麦メインの料理と言えるのです。

<糖質と脂質>

<糖質と脂質>

糖質と脂質の組み合わせは「肥満食」と言われていて、太ってしまう食事とされています。
先ほど出てきたパスタとパスタソースの組み合わせもそうですが、例えばラーメンの場合、麺は糖質、スープは脂質が多い食材で作られていることが多く、太りやすい「メタボ食」と言えます。

スープの脂質度合いは濃さや含まれる脂などによって変わってきますが、ドロドロと濃厚なスープや白濁しているスープ、背脂が目でわかるほどたっぷりと浮いているスープなどは、脂質が多く含まれているので注意が必要です。

また、ケーキやクッキー、ドーナツなどのお菓子類にも小麦が使われています。
このようなお菓子類には、バターやマーガリンなどの脂質、そして砂糖がたっぷりと使われているので、糖質もプラスされていて肥満食に当てはまります!なので、できる限りこのような食べ物は避けるようにする事がオススメです。

グルテンの作用は?

グルテンとはたんぱく質の一種である「グリアジン」と「グルテニン」が合わさったもので、シコシコとしたうどんの食感や、もっちりとしたパンの弾力を作り出しています。

グルテンは脳に快感を与えて食欲を増進させる働きがあります。
つまり、小麦製品には必要以上に食べ物を欲してしまいたくなるという「中毒性」があるのです。

ポテトチップスを食べたら止まらなくなってしまい、ペロリと1袋食べてしまったという経験がある方はありませんか?

ダイエット中でもパンが食べたい!

小麦粉を使った料理は糖質が多くてダイエット向きではないとされていますが、それでもどうしてもパンやパスタを食べたくなる時がありますよね。

そんな時は糖質の低いものを選ぶようにします。
例えばパンの場合は、「小麦ふすま」や「大豆粉」、「米ぬか」などが使われたパンを選ぶ事で糖質をかなり抑えて食べる事ができます。最近ではコンビニでも「低糖質」のパンが販売されていて味も美味しいので、こちらを活用するのも良いですね!
また、小麦粉の代わりにできる、ふすま粉やオーツブランミックスなども市販されているので、自分で手作りするのも楽しくてオススメです。

パン以外にパスタなども、最近では「低糖質麺」や「グルテンフリー」のものが販売されているので、そのような商品を選ぶと良いですね。
またパスタの代用として、原料にこんにゃくを使用した「しらたきパスタ」や「こんにゃくパスタ」などもあるのでこちらもオススメです!
食感が良く美味しく食べる事ができますよ♪

ダイエット中はカロリーや糖質などを気にし過ぎてストレスが溜まりがちで
す。ストレスが溜まっていると暴飲暴食に繋がってしまう場合もあり精神的にもあまり良くないので、ダイエット中でもたまには好きなものを食べる事がオススメです。

糖質を抑えた小麦料理を取り入れて!

出来ればダイエット中は糖質の多い小麦料理を避けるのが理想的です!しかし、ストレスが溜まってしまっては元も子もないので、糖質の少ないパンや麺などを上手く取り入れてみて下さいね!