お酒にピッタリ☆食べても太りにくい【おつまみ】食材と食べ方

お酒のお供に嬉しい「おつまみ」ですが、食べても太りにくい物をチェックしましょう。\n食材をよく知ることで健康にも繋がります。アルコールを飲む際の食べ方にも注意してみてください。\nお酒も好きだけど体型を気も気になる…という方必見ですよ!\n\n\n\n

そもそも太る原因って?

出典:instagram

太りやすい人には色々な原因が考えられますが、食べ物や食べ方に気をつけることでも軽減することができます。
運動する習慣がなく太りやすくなったという人は「代謝が悪い」・「脂肪が肥大化した状態」にあります。
体に必要なエネルギー以上の糖を摂取してしまうと脂肪に溜め込まれていき太っていきます。
【太る】というのは食べる量が多いや食事のカロリーが高い低いなどというより摂取量エネルギーが消費エネルギーを超えてしまった、ということです。
太りやすい時期や時間帯、遺伝子も関係しています。

炭水化物の取りすぎ

出典:instagram

人間には欠かせない重要な栄養素ですが、太りやすい栄養素でもあります。
血糖値が乱れたり眠気や疲労感も増します。
エネルギー源になるのが炭水化物です、タンパク質や脂質よりも体内に摂取される優先順位が一番早いんです。
脳や身体を動かし血液にも大きく影響し多くの摂取が必要ですが自分にあった量を取るのがベストです。

太りにくい食材「マゴワヤサシイ」

主な栄養素

出典:instagram

ビタミンやミネラルを消費し体脂肪燃焼に必ず必要な栄養です、おつまみも栄養満点な食材を摂ることが大切です。
「マ・ゴ・ワ・ヤ・サ・シ・イ」は「豆・ごま・わかめ・野菜・魚・しいたけ・いも」
これらの食材は栄養バランスが良い食事とされています。
和食が基本です!それぞれの栄養素でまんべんなく日頃から食事に取り入れてみてください。
またお酒のおつまみとしても最適で、アルコール分解で不足しがちな栄養素もこれらと一緒に摂ることで補ってくれます。

【マ】豆・大豆類

出典:instagram

大豆には植物性タンパク質が多く含まれています。
かなりカロリーが低く天敵となる脂肪の蓄積を抑えてくれる効果があるんです。
腸内環境を整えてコレステロールを減らす効果もあります、大豆に含まれるイソフラボンは美肌効果もあります。
生活習慣病の改善と予防にもつながります。

【ゴ】胡麻

出典:instagram

美容にも健康にも良いとさせる食べ物と言われています。
ビタミンが豊富でゴマに含まれる「ゴマリグナン」が肝臓で脂肪分解のを促進して脂肪を燃焼しやすく代謝を高めてくれる効果も!
ゴマを食べてお酒を飲むと二日酔いが避けられやすい、アルコール分解も助けてくれますよ。

【ワ】わかめ・海藻類

出典:instagram

主に内臓脂肪の燃焼をしてくれたりダイエット効果の高い食べ物でカロリーも低いんです。
炭水化物や脂質の吸収を遅らせてくれて体脂肪になりにくくする働きと血糖値の上昇を抑える効果があります。
わかめには食物繊維が含まれているので便秘改善にも良く、血行が良くなる働きもあります。

【ヤ】野菜類

出典:instagram

野菜類は全体的に低カロリーな物が多く、食べても太りにくい食品で認識されています。
カロリーが低いのはもちろん、野菜の種類も豊富で成分も様々です。
ダイエットとしても最適ですし、色々な料理に対応が効くので沢山食べても安心です。

【サ】魚介類

出典:instagram

魚にはDHCが含まれていて健康には良く、魚の油はそこまで太るような成分を持っていない魚もいます。
貝類も低カロリーで足りないビタミンを補ってくれる便利な食べ物でもあります。

【シ】しいたけ・キノコ類

出典:instagram

炒め物などに使い勝手のいいキノコ類も低カロリーで栄養価値が豊富。
タンパク質やビタミンなど痩せやすい体質作りにも貢献してくれるお役立ち☆
安く手に入るのも嬉しいですね。

【イ】いも類・こんにゃく

出典:instagram

低カロリーでカルシウムも含まれているこんにゃくはお腹に満腹感を与えてくれます。
カルシウム不足は脂肪を蓄積しやすい体になってしまいます。
ダイエットでも強い味方となってくれますよ!

お酒と一緒でも太りにくい食べ方

アルコール×低カロリーおつまみ

出典:instagram

お酒に含まれるカロリーはエンプティカロリーといい摂取カロリーを減らして体重を落とそうとします。
実は脂肪になりにくいカロリーなんです、お酒は体に吸収されてもすぐに熱に変わるため蓄積されにくいんです。
お酒は太ると言われていますが、飲む前や途中、食後の食べ物が分解されるまで消費されにく蓄積されます。
お酒だけを飲み食事をしないことは避けましょう、代謝に必要な栄養が不足してしまい体によくありません。
おつまみのカロリーを抑えること、タンパク質を摂ることが大切です。
食べ方にも気を使い、飲み過ぎには注意!甘いお酒も気をつけましょう。

①食物繊維から摂る

出典:instagram

野菜や海藻に含まれるカリウムはむくみ解消効果があります、アルコールを摂ると不足しやすくなります。
お酒を飲む時は代謝を良くするビタミンB群が含まれる野菜をはじめに食べましょう!

②カロリーが少ない物

出典:instagram

お酒を飲むと食欲が増し、脂肪を吸収しやすい状態になるとも言われています。
なので、何より大切なのが低カロリーおつまみを選ぶこと!
揚げ物や炭水化物は控えましょう。
胃を守るためにタンパク質が多い野菜・枝豆・豆腐などを食べるようにしましょう。
ただし、低カロリーだからと食べすぎには注意してくださいね。

③脂肪が含まれる物

出典:instagram

腹持ちも良く食べすぎ防止にもつながるナッツ類やチーズ。
胃腸の粘膜を保護する効果がある食べ物は「チーズ」アルコールの刺激で胃壁が荒れるのを和らげてくれます。
適度に食べましょう♪

④飲んだ後にも注意

出典:instagram

締めのラーメンは食べたくなりますが、太る原因になってしまいます。
飲んだ後にオススメなのは柑橘系やグレープフルーツなどの果物。果物に含まれる果糖にもアルコール分解を助ける効果があります。
果汁が入った飲み物でもOKです。

お酒に合う太りにくい「おつまみ」

タコわさび

出典:instagram

ビタミンBが豊富に含まれていてアルコールを排出する力を高める効果もあり、お酒の弱い方にもオススメです。
程よい辛さがおつまみに欠かせない嬉しい一品ですね☆

きゅうりキムチ

出典:instagram

キムチに含まれる乳酸菌や豊富なビタミン類の栄養素が体をデトックスさせてくれます♪
また、キュウリにも肌荒れ防止やむくみ解消・脂肪分解と効果が期待できます。
簡単に作れるのも手軽で嬉しいおつまみですよ。

魚の刺身

出典:instagram

刺身には代謝を活発にするタンパク質が豊富です、消化や体内の代謝を助ける酵素もとることができます。
酵素は熱を与えると壊れてします栄養素なので生で摂取する刺身は最適です♪
新鮮な物をオススメします。

大豆と海藻の酢和え

出典:instagram

低カロリーでお腹にも溜まりやすい大豆と海藻は健康的に良いおつまみです。
食物繊維やミネラル、カルシウムなどの栄養素も豊富です。

キノコとこんにゃくの胡麻和え

出典:instagram

甘辛い味付けはビールの相性とも抜群です☆
ヘルシーで食材も安く手に入るので作り置きもできます。
しっかり噛むことで満腹感も得られて食べ過ぎ防止にもなりますよ。

カルパッチョ

出典:instagram

栄養バランスもしっかり取れるカルパッチョは白身魚やタコを選ぶと良いでしょう。
ビタミンDを含む魚やキノコ類は大切な栄養素です、カルシウムやリンの吸収を助けて骨の形成を促す働きがあります。
免疫力も高めてくれる効果もありますよ!野菜も一緒に摂ることができますね。

枝豆

出典:instagram

枝豆にはタンパク質やビタミンB1・カリウム・食物繊維・鉄分などが豊富で栄養価が高い食べ物です。
おつまみとしてもよく好まれていて、アルコールを分解促進し肝臓の働きを助けてくれます。
むくみ予防や二日酔い予防としても役立ちますよ!

こんにゃくのピリ辛炒め

出典:instagram

こんにゃくはダイエットにも適した食べ物です。
辛さがポイントの唐辛子の成分にカプサイシンが含まれています、これが加わることで脂肪燃焼効果がアップするんです。
もちろんお酒との相性もバッチリ☆

きのこ炒め・和え物

出典:instagram

使い勝手も良いキノコ類はご飯にもお酒にも合うアレンジ豊富な食材です。
アレンジ次第で日本酒にもワインにも良く合います。
手間いらず簡単に作れるのも魅力ですね☆

ミックスナッツ

出典:instagram

コンビニやスーパーでも購入できるナッツ類は人気のおつまみです。
栄養価の高く保存も効くので常備もできますね!
ナッツには脂肪分が含まれているので大量に食べるのは避けましょう。

海藻サラダ

出典:instagram

たくさん食べても大丈夫なサラダは食前や食後でもOK☆たくさん食べましょう!
お酒を飲む際は野菜を摂ることを忘れずにしましょうね。

イカの一夜干し

出典:instagram

イカは低カロリーで高タンパクな食材です。
タウリンがコレステロールの上昇を抑えてくれます。
マヨネーズは脂肪が高いですが糖質は少ないので付け過ぎには注意が必要です。

食材と順序を守ってお酒を楽しみましょう

出典:instagram

お酒を飲む際はおつまみも上手に選んで食べましょう。
なるべく低カロリーなものを選ぶことが大事ですが、だらかといって食べ過ぎはもちろんNG!
太る原因となってしましますよ。気をつけながらお酒を楽しく♪美味しいおつまみを選んでくださいね☆