ワイドスクワット

内ももを集中的に鍛えられるワイドスタンススクワットをご紹介!

股関節周辺をよく使うスクワットなので、股関節の内転に貢献する内転筋群(太もも内側)の引き締め効果が。
通常のスクワットと同様に、お尻と太もも前面にも効果的。

やり方:

STEP1

大きく足を開き、つま先は45度外側に開く

大きく足を開き、つま先は45度外側に開く


STEP2

太ももが床と平行になるまでゆっくり...

太ももが床と平行になるまでゆっくりとしゃがみ、元に戻す。

POINT : 膝が内側に入ったり、背中が丸まらないよう注意。

STEP3

10~15回を目安に行う

10~15回を目安に行う

POINT : 膝が内側に入ったり、背中が丸まらないよう注意。

ポイント:

・「おしりを突き出す」もしくは椅子に腰掛けるように
・骨盤を少し前傾させて背中をまっすぐのばす
・背中が丸まらないよう肩甲骨をよせて胸を張る
・膝の前後の動きを小さくする

回数:

10~15回を目安に行う

注意事項:

・ 身体に異常を感じた場合は無理をせず、直ちにトレーニングを中止して下さい。
・ 痛みや持病のある方は医師に相談の上で行って下さい。
・バランスボール等の器具は、使用方法に従い適切にお使いください。

モデル・インストラクター:

profile image

モデル
2014ミスユニバース ファイナリスト/日本大会第3位
2015 静岡モデルコレクション グランプリ
キックボクシングやジムでのトレーニングを欠かさず行なっています。