プリエスクワット

ワイドスクワットより脚を開くプリエスクワットをご紹介。ひざとつま先を外側・同じ方向に向けるのがコツです。ひざが内側に入らないようにしましょう。

プリエスクワットの効果:



プリエスクワットのやり方:

STEP1

足を肩幅よりも開いて立ち、つま先と...

足を肩幅よりも開いて立ち、つま先と膝を外側に約45度程度向けます。


STEP2

ひざを外側に開き、太ももと床が平行...

ひざを外側に開き、太ももと床が平行になるまで腰を落とす

POINT : この時に上半身を真っ直ぐに保つように意識しましょう。

STEP3

負荷を上げたければつま先立ちで行いましょう。バレエダンサーがやるようなプリエの姿勢です。つま先立ちだけでも十分ふくらはぎ・太ももに効いているので、お尻を小刻みにアップダウンさせるハーフスクワットでも効果があります。


STEP4

腰を下ろす時に息をゆっくり吐いて、戻す時に息をゆっくり吸いましょう。


プリエスクワットのポイント:

・ひざとつま先は同じ向きに向ける

プリエスクワットの回数:

10回3セットを目安に

モデル・インストラクター:

profile image

モデル
2014ミスユニバース ファイナリスト/日本大会第3位
2015 静岡モデルコレクション グランプリ
キックボクシングやジムでのトレーニングを欠かさず行なっています。