筋トレのときの呼吸法

筋トレの時の呼吸方法について、ヒップリフト、スクワット、腹筋、ツイストニートゥチェストを例に解説します。

【呼吸のタイミングの基本】

・筋肉の収縮を伴うとき(力を入れるとき)
→ 息を吐く
・筋肉の伸長を伴うとき (戻すとき)
→息を吸う

【なぜ戻す時に息を吸って酸素を取り込むの?】
筋肉が力を発揮するのは、戻す時の方が高いからです。
戻すという動作では、
負荷のかかった筋肉を伸ばし、
ブレーキをかけていく過程で
多く力を発揮すると言われています。

また、筋繊維の損傷が行われて初めて筋肉は成長します。
この筋繊維の損傷が起こるのは、
筋トレで体勢を元に戻すときの方が損傷が激しいです。

なので、戻す時に酸素を沢山取り込むことで、
筋肉への栄養分として取り込まれ、
筋肉がより一層の力を発揮することができます。

やり方:

STEP1

力を入れる時に吐く

力を入れる時に吐く


STEP2

戻す時に吸う

戻す時に吸う


注意事項:

モデル・インストラクター:

profile image

ボディメイクトレーナー
2児の母。
産後-17kgした経験を元に、ママでもあきらめず美ボディを目指せるようパーソナル指導を行なっています。