壁で前後開脚

開脚ができない人、体が硬い人向けの、前後開脚の練習になる壁ストレッチをご紹介します。
壁に足を預けることで、安全に開脚を深めていけます。
ひざを曲げたり、壁と手をつく位置を離すことで難易度の調整もできます♪
硬い人は壁から離れて、ひざを曲げるところから、徐々に脚を伸ばせるようにしましょう◎

やり方:

STEP1

壁の前に立ち前屈片脚を壁に沿わせて...

壁の前に立ち前屈片脚を壁に沿わせて上げていく

POINT : 壁に脚を沿わせる時にきつい場合は手を前に出す

STEP2

上げた脚と下ろしている脚の付け根か...

上げた脚と下ろしている脚の付け根からもも裏を伸ばす

POINT : 壁側の脚はできるだけ高く上げる

STEP3

逆の脚も同じように行う

逆の脚も同じように行う

POINT : 壁側の脚はできるだけ高く上げる

ポイント:

・鼠蹊部を壁に近づけるとよく伸びる
・難しい人は膝を曲げてもOK!
・膝を曲げる&手の位置で難易度の調整を行う

回数:

痛みのない範囲で1分程度キープ

注意事項:

・ 身体に異常を感じた場合は無理をせず、直ちにトレーニングを中止して下さい。
・ 痛みや持病のある方は医師に相談の上で行って下さい。
・バランスボール等の器具は、使用方法に従い適切にお使いください。

モデル・インストラクター:

profile image

2010年から都内でヨガインストラクターとして活動開始。心身が幸福に満ちた人生を送る上での「智慧」とし、ヨガとアーユルヴェーダを日常生活の一部として取り入れている。在るがままに自然体で生きて行くことが信念。二児の男児の母。