壁スクワット

お尻と内ももに効かせるスクワット。
間違ったフォームで反動をつけて、回数を稼ぐより、
少ない回数でも正しくゆっくり行うようにするのが◎
スクワットの注意事項、頭では理解できていても、実際のフォームでできているか不安、、
そんな時には、壁の前でスクワットをやるのがおすすめです。

やり方:

STEP1

つま先より前に膝を出さない

つま先より前に膝を出さない


STEP2

膝とつま先は外側を向ける

膝とつま先は外側を向ける


STEP3

上体を前に倒さず、体はまっすぐにお...

上体を前に倒さず、体はまっすぐにお尻を落とすことを意識


ポイント:

・壁が邪魔なので間違ったフォームが取りづらくなり、反動もつけにくいので負荷が上がる
・ひざがうまく外を向かない人は、股関節外旋ストレッチから始める
・やりにくい場合は、つま先をちょっと壁から離したり、足を広めに開くとやりやすくなる

回数:

10~20回程度

注意事項:

・ 身体に異常を感じた場合は無理をせず、直ちにトレーニングを中止して下さい。
・ 痛みや持病のある方は医師に相談の上で行って下さい。
・バランスボール等の器具は、使用方法に従い適切にお使いください。

モデル・インストラクター:

profile image

モデルやトレーニングインストラクター、MCなど多彩なジャンルで活躍
2016ミス・ユニバース日本大会 第4位
定期的に都内のスタジオにてビューティーダイエットクラスを開催。