内股引き締め

内ももをキュッと引き締めたるみやすい内ももの筋肉をキュッと引き締め、骨盤の仙腸関節を整える効果も。ややハードなので生理中はNGですが、終わりかけや整理後にはむしろおすすめのポーズです。

内股引き締めの効果:



内股引き締めのやり方:

STEP1

両足を45度の内股にして立つ

両足を45度の内股にして立つ


STEP2

軽く腰を落とす

軽く腰を落とす


STEP3

かかとを内側にしぼるように体重をかける

かかとを内側にしぼるように体重をかける


内股引き締めのポイント:

POINT内股がキュッと引き締まるのを意識POINTみぞおちを張り出さない。床に対して仙骨をまっすぐ立てる

内股引き締めの注意事項:

・ 身体に異常を感じた場合は無理をせず、直ちにトレーニングを中止して下さい。
・ 痛みや持病のある方は医師に相談の上で行って下さい。
・バランスボール等の器具は、使用方法に従い適切にお使いください。

モデル・インストラクター:

profile image

ヨガ・インストラクター(月経血コントロールヨガ、体軸ヨガストレッチ、経絡ヨガ講師養成スクール講師)。
女性のためのヨガ協会代表。セラピスト(オーガニック整体院 代々木本店にて骨盤調整施術やプライベートレッスンなど担当)、栄養士。著書多数。
重度のPMSや生理痛を克服したみずからの経験をもとに、「女性のためのヨガ(月経血コントロールヨガ)」「経絡ヨガ」などを指導しています。