基本の座位(ハーフロータス)

インナーマッスルが働きやすくなる身体の使い方vol.1。基本の座位(ハーフロータス)
骨盤底筋群に負担のかかりにくい座り方ができます。

基本の座位(ハーフロータス)の効果:



基本の座位(ハーフロータス)のやり方:

STEP1

床に坐骨を立てる

床に坐骨を立てる

POINT : お尻をゆすると坐骨を意識しやすい

STEP2

みぞおち(おへそから3本上)の真裏...

みぞおち(おへそから3本上)の真裏の背骨を
1cm程度引く

POINT : お尻をゆすると坐骨を意識しやすい

基本の座位(ハーフロータス)のポイント:

胸を張りすぎないようにみぞおち周辺を
ゆるめましょう

基本の座位(ハーフロータス)のNGポイント :

NG1
座骨が立っていないと
お腹の奥にある姿勢を保つ筋肉が働きにくい

NG2
胸を張りすぎると背中が力んでしまう

基本の座位(ハーフロータス)の注意事項:

・ 身体に異常を感じた場合は無理をせず、直ちにトレーニングを中止して下さい。
・ 痛みや持病のある方は医師に相談の上で行って下さい。
・バランスボール等の器具は、使用方法に従い適切にお使いください。

モデル・インストラクター:

profile image

ヨガ・インストラクター(月経血コントロールヨガ、体軸ヨガストレッチ、経絡ヨガ講師養成スクール講師)。
女性のためのヨガ協会代表。セラピスト(オーガニック整体院 代々木本店にて骨盤調整施術やプライベートレッスンなど担当)、栄養士。著書多数。
重度のPMSや生理痛を克服したみずからの経験をもとに、「女性のためのヨガ(月経血コントロールヨガ)」「経絡ヨガ」などを指導しています。