三角のポーズ【マタニティヨガ動画】

安定期に行いたいマタニティヨガを動画で解説。
腰痛の緩和・体側のストレッチに。『三角のポーズ』をご紹介します。

三角のポーズ【マタニティヨガ動画】の効果:

・腰痛緩和
・体側ストレッチ
・全身のエネルギー



三角のポーズ【マタニティヨガ動画】のやり方:

STEP1

両足を1mほどの幅で開きます。

両足を1mほどの幅で開きます。


STEP2

息を吸いながら両手を広げ、左のつま...

息を吸いながら両手を広げ、左のつま先を外側に向けます。


STEP3

息を吐きながら左側に骨盤をスライド...

息を吐きながら左側に骨盤をスライドさせ、
左手を左足に預けましょう。右手を腰に当てます。


STEP4

息を吸いながら目線は天井を見上げます。

息を吸いながら目線は天井を見上げます。

POINT : 右胸を上に開くイメージで体を一直線にします。

STEP5

反対側も同じように行います。

反対側も同じように行います。

POINT : 右胸を上に開くイメージで体を一直線にします。

三角のポーズ【マタニティヨガ動画】のポイント:

・上体が前に倒れないように
・背骨をまっすぐ伸ばす
・背中や太ももの裏側が気持ちよく伸びるのを感じて

三角のポーズ【マタニティヨガ動画】の注意事項:

・妊娠16週目以降、医師の許可を得た方のみ行ってください。
・基本的には指導者のもとでヨガを学ぶことを推奨します。自宅で行う場合は、安全に注意をはらい、自己責任のもと身体に無理のない範囲で行ってください。
・体調の変化(お腹の張り・出血・気分の変化など)に 気付いた時はお休みしましょう。
・マタニティヨガ、またはその他の運動に関係なく、一般的に全妊娠の10~15%は胎内死亡を含めて、流産や早産が起こります。
・バランスボール等の器具は、使用方法に従い適切にお使いください。

モデル・インストラクター:

profile image

ヨガ・インストラクター
全米ヨガアライアンスRYT200 
IYCケンハラクマのリストラティブヨガ(ヒーリング&リラクゼーション)インストラクター
日本コアコンディショニング協会 ベーシックインストラクター

広告代理店にて営業・マーケティングの経験を積む。
心身のバランスを崩し椎間板ヘルニアを患ったことをきっかけに、リハビリとしてヨガを学び、身体と心のケアの重要性を実感。
その後、多くの方にヨガの良さを伝えたいと考え、ヨガインストラクターに転身。

ブライダルヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガと心身の変化が大きい女性のライフスタイルに寄り添うヨガを指導しています。2017年7月出産予定。