内臓脂肪の原因は?内臓脂肪を落してスッキリボディに♪

最近お腹周りが気になるというお悩みはいつになっても多いです!お腹周りが太ってきたなと思う人は内臓脂肪が付いてきているという事が考えられます。内臓脂肪の原因は主に2つで炭水化物の摂り過ぎと急激な血糖値の上昇が考えられます。今回はそんな内脂肪を落す方法をご紹介していきます!

MENU

    %3Ca%20href%3D%22%22%20sortrank%3D%221%22%3E%3Cli%20class%3D%22index_list_item%22%3E%3Cspan%3E%E5%86%85%E8%87%93%E8%84%82%E8%82%AA%E3%82%92%E3%82%B9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%AA%E8%90%BD%E3%81%9D%E3%81%86%EF%BC%81%3C%2Fspan%3E%3C%2Fli%3E%3C%2Fa%3E%3Ca%20href%3D%22%22%20sortrank%3D%223%22%3E%3Cli%20class%3D%22index_list_item%22%3E%3Cspan%3E%E5%86%85%E8%87%93%E8%84%82%E8%82%AA%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%AF%EF%BC%9F%3C%2Fspan%3E%3C%2Fli%3E%3C%2Fa%3E%3Ca%20href%3D%22%22%20sortrank%3D%2210%22%3E%3Cli%20class%3D%22index_list_item%22%3E%3Cspan%3E%E5%86%85%E8%87%93%E8%84%82%E8%82%AA%E3%82%92%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%99%E3%81%AE%E3%81%AB%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%81%AF%E5%8F%96%E3%82%8A%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%96%B9%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%84%EF%BC%9F%3C%2Fspan%3E%3C%2Fli%3E%3C%2Fa%3E%3Ca%20href%3D%22%22%20sortrank%3D%2213%22%3E%3Cli%20class%3D%22index_list_item%22%3E%3Cspan%3E%E5%86%85%E8%87%93%E8%84%82%E8%82%AA%E3%82%92%E8%90%BD%E3%81%97%E3%81%A6%E7%90%86%E6%83%B3%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%92%EF%BC%81%3C%2Fspan%3E%3C%2Fli%3E%3C%2Fa%3E

内臓脂肪をスッキリ落そう!

内臓脂肪を落してスッキリと理想のウエストを手に入れませんか?内臓脂肪の原因である炭水化物の摂り過ぎと血糖値の急激な上昇の2つの要因を詳しく知って、気になるお腹を改善してみましょう!

内臓脂肪の原因は?

原因① 炭水化物の取りすぎ

炭水化物の摂り過ぎ

炭水化物の摂り過ぎ

炭水化物は毎食主食として食べられています。炭水化物の中でも特に白米が大好きという人は多いですよね!ですが、炭水化物を食べ過ぎてしまってはカロリーを大量に摂ってしまう事になり内臓脂肪が付きやすくなってしまうのです。

また、炭水化物は糖質が高いという特徴があります。後で詳しくご紹介しますが、糖質が高いものを食べ過ぎていると内臓脂肪が蓄積されて太ってしまう原因となります。

適切な炭水化物摂取量ですが、例えばご飯であれば1回の食事につきお茶碗1杯が理想的な摂取量です。お茶碗山盛りにしたり、おかわりをしたりという事をしてしまうと内臓脂肪があっという間に付いてしまいます。

また、中華料理屋さんなどでよくあるラーメンとチャーハンのセットやラーメンとご飯のセットなどのように炭水化物と炭水化物の組み合わせの食事も太ってしまう大きな要因ですね。

さらに言えば、ご飯だけでなくデザートやフルーツ、ジュースやアルコール類などもご飯にプラスして摂取するのであれば、内臓脂肪に繋がってしまう事になります。
もし、デザートやフルーツなどが食べたいのであれば、その分炭水化物であるご飯やパン、麺類などをカットする事で調整してあげるのが理想的とされているのです。

原因② 血糖値の急激な上昇

血糖値の急激な上昇

血糖値の急激な上昇

2つ目の大きな原因は血糖値の急激な上昇です。糖質の多い食べ物ばかりを食べていると血糖値が急激に上がってしまい、それを抑える為に体がインスリンという成分を分泌します。インスリンが分泌されると血液中にあるブドウ糖を肝臓に送ってグリコーゲンとして蓄積される他、余った分は中性脂肪として体内に蓄積してしまいます。

糖質の吸収スピードを表した数値をGI値(グリセミック・インデックス値)と言いますが、炭水化物の中でも人気の白米は特に糖質の吸収スピードが早く、吸収率の高いブドウ糖を100とすると81の数値となっています。ちなみに玄米ですと55という数字になっているので炭水化物を摂る際に低糖質な食材を選ぶようにする事がオススメですね!

また、糖質が多い食べ物ではなく低糖質な食べ物を食べる事で、血糖値を急激に上昇させずインスリンの分泌も抑える事ができるので脂肪が付きにくくなります。

食べ方にも注意が必要で、普段からあまり噛まずに早食いをしてしまっている人はゆっくりとよく噛んで食べるようにする事が大切です。食べるスピードが早いと糖質の高いものを食べた時同様に血糖値の上昇に繋がってしまうのです。

内臓脂肪を落とすのに運動は取り入れた方がいい?

ダイエット中の1日の総摂取カロリー目安は、女性で約1,600kcal程度と言われており、デスクワークの方の場合は1,500kcal程度で十分と言われています。
反対に2,000kcal以上を毎日摂取し続けていると余分な脂肪が増えてしまう原因に!ですが、極端に摂取カロリーを下げ過ぎてしまっては健康面に影響が出てしまったり、ストレスが溜まったりというような事になってしまう恐れもあるので摂取カロリーの下げ過ぎには注意が必要です。

内臓脂肪を減らすにあたって運動が必要かどうかという事ですが、もちろん脂肪燃焼が期待できたり体を引き締める事ができたりという点で運動は取り入れないよりは取り入れる方が良いとされています。
特に有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いので、効果を実感しやすいです。
ですが、優先順位としては運動よりも食事の改善の方が上というように言われています。

それは、食べた分だけ運動をすればその分消費されるという言葉を1度は耳にした事があるかと思いますが、実際はそういう訳にはいかず、大量に食事をしてその分を運動で全て消費するのは、とても無理があるからです。

例えばウォーキングを1時間して消費できるカロリーは体重60kgの男性で約240kcal程度と言われています。また、同じ時間でランニングをした場合の消費カロリーは約720kcalと言われています。

体脂肪1キロあたりに含まれるエネルギーは約7,200kcalなので、これを消費する為には1ヶ月で換算すると毎日240kcal分を消費しなくてはならないという事になるのです。
なので食生活を何も変えない状態で運動だけ取り入れるという方法では、内臓脂肪を落すのはなかなか難しいという事が言えますね!

結果的には、まずは食生活の見直しを行って、揚げ物や甘いものなどのカロリーが高い食べ物や米やパン、麺類などの糖質の高い食べ物を減らすという事が内臓脂肪を減らす為にはベストだという事になります。精製食品である米やパン・麺、そしてお酒・ジュースなどの清涼飲料などは特に吸収が早いので気をつけるようにしましょう。また、食事を食べるスピードはゆっくりと、そしてしっかりと噛むという事も大切ですね!

さらにこの食事改善に加えて運動を取り入れるとより効果的だといえる事になるでしょう。自分が普段から趣味などでやっている運動があればそれを継続したり、普段から運動をしていなくても気になる運動や気軽に始められる運動があればそれにチャレンジしてみたりする事がオススメですよ!

内臓脂肪を落して理想のウエストを!

内臓脂肪を落すためには、食生活や摂取カロリーを見直して脂肪を蓄積させないカラダ作りが大切です。また、適度な運動を取り入れる事で脂肪燃焼をアップさせてくれたり気分のリフレッシュにもなるので是非試してみて下さい!

内臓脂肪をスッキリ落してあげる事で、今まで着られなかった洋服も着られるようになり、ファッションが益々楽しくなりますよ♪
理想のウエストを手に入れて自分に自信をつけましょう♡