ぽっこりお腹の原因は?改善方法をCHCK!

ぽっこりお腹を解消するためには内臓脂肪を落す事が大切です。内臓脂肪に効果的な運動方法を取り入れてぽっこりお腹を解消しましょう!ぽっこりお腹解消と共に理想のくびれボディを目指しましょう。

MENU

    %3Ca%20href%3D%22%22%20sortrank%3D%221%22%3E%3Cli%20class%3D%22index_list_item%22%3E%3Cspan%3E%E3%81%BD%E3%81%A3%E3%81%93%E3%82%8A%E3%81%8A%E8%85%B9%E3%82%92%E3%83%98%E3%82%B3%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%81%9F%E3%81%84%EF%BC%81%3C%2Fspan%3E%3C%2Fli%3E%3C%2Fa%3E%3Ca%20href%3D%22%22%20sortrank%3D%224%22%3E%3Cli%20class%3D%22index_list_item%22%3E%3Cspan%3E%E3%81%BD%E3%81%A3%E3%81%93%E3%82%8A%E3%81%8A%E8%85%B9%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%AF%E5%86%85%E8%87%93%E8%84%82%E8%82%AA%E3%81%8C%E5%8E%9F%E5%9B%A0%EF%BC%81%3C%2Fspan%3E%3C%2Fli%3E%3C%2Fa%3E%3Ca%20href%3D%22%22%20sortrank%3D%228%22%3E%3Cli%20class%3D%22index_list_item%22%3E%3Cspan%3E%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E7%9A%84%E3%81%AA%E9%81%8B%E5%8B%95%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%81%A7%E3%81%BD%E3%81%A3%E3%81%93%E3%82%8A%E3%81%8A%E8%85%B9%E3%82%92%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81%3C%2Fspan%3E%3C%2Fli%3E%3C%2Fa%3E%3Ca%20href%3D%22%22%20sortrank%3D%2214%22%3E%3Cli%20class%3D%22index_list_item%22%3E%3Cspan%3E%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%81%AE%E8%A6%8B%E7%9B%B4%E3%81%97%E3%82%82%E5%A4%A7%E5%88%87%EF%BC%81%3C%2Fspan%3E%3C%2Fli%3E%3C%2Fa%3E%3Ca%20href%3D%22%22%20sortrank%3D%2216%22%3E%3Cli%20class%3D%22index_list_item%22%3E%3Cspan%3E%E8%84%B1%E3%81%BD%E3%81%A3%E3%81%93%E3%82%8A%E3%81%8A%E8%85%B9%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%9D%E3%81%86%EF%BC%81%3C%2Fspan%3E%3C%2Fli%3E%3C%2Fa%3E

ぽっこりお腹をヘコませたい!

お腹がぽっこりしていて気になるけどどうやって解消すればいいの?そんなお悩みを抱えている人は多いはずです。
今回はそんなぽっこりお腹について原因や解消方法をまとめてみました!

ぽっこりお腹の原因は内臓脂肪が原因!

体型や脂肪率を見る際に注目してほしい部分は体脂肪率です。女性の体脂肪正常範囲は20%〜30%と言われていて、美容理想体脂肪率は20%以下程度と考えられています。
この体脂肪率の中で25%を超えるとお腹が気になるという人が増えてくるようで、そのほとんどが内臓脂肪が多い体型とされているのです!

肥満には主に内臓脂肪型の肥満である「リンゴ型肥満」と皮下脂肪型の肥満である「洋梨型肥満」があります。男性はリンゴ型肥満・女性は洋梨型肥満が多いと言われています。

体の中でも顔や腕などと違って特に脂肪が付きやすいお腹は、顔や腕などお腹以外の部分に付くのは「皮下脂肪だけ」というのに対してお腹には「皮下脂肪+内臓脂肪」の両方が付くようになっているからなのです。

<皮下脂肪型肥満:洋梨型肥満>
お腹の中についている脂肪は少ないが、皮下に脂肪が沢山ついている

<内臓脂肪型肥満:リンゴ型肥満>
皮下にはあまり脂肪がついていないが、内臓の周りに脂肪が沢山ついている

よく見かける例としは、手足は細いのに体はまるまるとしている中年男性がいますよね。このパターンがリンゴ型肥満の典型的な例。
原因のほとんどがお酒や炭水化物などの糖質の摂り過ぎという事が考えられます。
若者にはこのような体型は少なく中年以降に増えるのは、年齢を重ねるごとに脂肪を分解する体の代謝が低下する事や、若い頃に比べて日常生活の活動量も落ちているからなのです。

ぽっこりお腹を改善する為にはまずは内脂肪を落す事が大切!
内脂肪が減る→ウエストラインが細くなる→皮下脂肪も一緒に落ちてくれる
という、嬉しい効果が期待できます。

よく勘違いをしがちなのが、皮膚の上からつまめる「皮下脂肪」が気になってしまい、皮下脂肪を減らす為に「腹筋」を行ってしまうという事。
筋トレである腹筋は、体脂肪を落す運動ではない&運動能率も悪いのでぽっこりお腹の解消には向いていないのです。

もちろん腹筋運動をする事で腹筋が付いてきますが、脂肪が落ちずに腹筋が付く事になるので<内脂肪+腹筋+皮下脂肪>というお腹になり、分厚いお腹になってしまいます。

このパターンの例としてはプロレスラーなどに多い体型で、肥満の人よりもブヨブヨしていないのに、引き締まっている感じもなくどっしりとした体型になっていますよね。つまり腹筋があってもお腹がヘコむ訳ではないという事になるのです!

効果的な運動方法でぽっこりお腹を解消しよう!

体脂肪を落す為には有酸素運動が有効的とされています。有酸素運動は、ウォーキングやジョギング・水泳・縄跳びなどの運動が挙げられます。
運動を始めてから約20分程度たった頃から体脂肪が燃焼され始めると言われているので、長時間続ける事で脂肪燃焼が期待できるのです!

ウォーキング

ウォーキング

ウォーキングは日常生活の中で取り入れやすい運動方法です!また、有酸素運動の中でも体にかかる負担がかなり少ない運動方法でもあります。わざわざウォーキングだけの時間を作らなくても、朝の通勤時や通学時に1駅前で降りて歩くだけで効果がでてきます。

※ウォーキングをする際のポイントですが、足は出来る限りももを上げるようにして手は大きくふるようにしてみて下さい。
これだけでも普通に歩くより負担がかかります!また、可能であれば少し早歩き程度で歩くとより効果的と言えるでしょう。

ウォーキングは心肺機能の向上やストレス解消効果、集中力アップ効果などが期待できるとされていますよ!

踏み台昇降

踏み台昇降

踏み台昇降は自宅で簡単にする事ができる運動です。自宅の階段やちょっとした踏み台を使って出来るのでお手軽で有酸素運動の中でも人気があります。15センチ〜20センチほどの高さの踏み台もしくは階段で行っていきます。

踏み台昇降のやり方ですが、
1.登って降りてを繰り返す形なので、例えば右足をあげて左足をあげる、右足を降ろして左足も降ろす。
2.次に左足をあげて右足をあげる、左足を降ろして右足も降ろすというように繰り返します。

スタートは左足からでもOKです!時間は30分程度行うのが理想的とされていますよ。

※運動の際の注意点は、背中を丸めずに真っすぐ背筋を伸ばすという事です!スピードは早くなくてもいいので正しい姿勢をキープして行うようにしてみて下さいね!

体脂肪を燃焼してくれる他にもインナーマッスルを鍛えてくれるという効果もあるそうです。

水中ウォーキング

水中ウォーキング

水中ウォーキングは有酸素運動の中でもエネルギー消費が激しい運動になります。泳げない人でも出来る運動方法なので安心です。

水中ウォーキングのやり方ですが、
1.まずは背筋をしっかりと伸ばします。
2.そして体を前に傾けながら1歩ずつ歩いていきます。この時歩幅は出来る限り大きく出すようにして下さい。また、足を出来る限り高くあげるという事も大切ですよ!
3.足をつける時はかかとから着けるようにしましょう。この状態でウォーキングします。

時間の目安としては40〜1時間程度が理想的とされています。水中ウォーキングは体脂肪を燃焼してくれる他に心肺機能を高めてくれたり空腹を抑制してくれたりむくみの改善にも効果的なのだそうです!

ジョギング

ジョギング

ジョギングはちょっとした時間を使って取り組む事ができる運動方法です。

走る時のポイントですが、全力で走るのではなくてゆっくりと軽めに自分のペースで走るようにしましょう。何キロ走らなくてはいけないというよりも何分間走るかが重要となっており、1日30分程度走るのが理想的と言われています!余裕がある人は1時間程度走るのもOKです!

ジョギングはむくみ解消効果に加えて、空腹の抑制効果や便秘解消効果・ストレス解消効果なども期待できるとされています。

食事の見直しも大切!

体脂肪を落す為には運動もとても大切なのですが、食事を見直すという事も大切です!運動をいくらしていても食生活が変わらなければ効果が思うように期待できない事もあるのです。

ハンバーガーやフライドポテト・唐揚げやポテトチップスなどの油っぽい食べ物は避けるようにして和食中心の食生活に改善してみましょう!和食は油を使う料理が少ないうえにヘルシーな食材が多いので油っぽいものを食べるよりも低カロリーで済むのです。

また、ごぼうや蓮根・にんじんなどの食物繊維が豊富な根菜類を積極的に取り入れる事で便秘解消や便秘予防に繋がります。

脱ぽっこりお腹を目指そう!

有酸素運動や食事改善を取り入れてみて脱ぽっこりお腹を目指しましょう!運動が苦手な人や飽きっぽくて運動を続けるのが厳しいという人は、出来る限り食事の改善に力を入れるようにして軽めの有酸素運動にチャレンジするようにしましょう。反対に運動をするのが苦ではない人はどんどん体を動かして体脂肪を消費するようにしてみて下さい!