お酒を飲むと太る?ダイエット中にお酒はOK?NG?

お酒を飲むと太る?ダイエット中にお酒はOK?NG?

ダイエット中の禁酒がすごくストレスなら、お酒はほどよく取り入れよう

お酒はまったく飲まない方がもちろん
ダイエットには良いですが、
長期間取り組むダイエットを成功させるために、
何もかもやめてしまうのはNG。

ストレスが高くなりすぎて
挫折や激しいリバウンドの原因になるからです。

なのでお酒が好きな人は、完全にやめなくてもOK。
ただし、以下のことを守りましょう。

アルコールを飲むなら、カロリーオーバーに気をつけて

最近は「締めパフェ」も話題ですが・・・

お酒に含まれるアルコールにはカロリーがあります。
なので基本として、1日の摂取カロリーが1日の消費カロリーを下回れば
痩せていくので
お酒のアルコールを摂取カロリーの中に入れて計算しても
消費カロリーを下回れば痩せていくことになります。

ただし、アルコールには大切な栄養素が含まれていないので
アルコールだけで摂取カロリーの多くを占めると
不健康な痩せ方になるだけではなく、
リバウンドの原因になります。

また、ここまでは摂取カロリーをアルコールを飲んでも
なお抑えられた場合。
お酒に会うおつまみや、ましてや
お酒の後のラーメン・おじや・スイーツなどを
足していけば、どんどんカロリーがアップしてしまいます。

まず、基本的には
✔︎アルコールにはカロリーが含まれている
✔︎カロリーオーバーしないよう気をつける
ことを意識しましょう。

ダイエット向きのお酒・不向きなお酒

糖質が含まれているビールなどはダイエットには不向きです。

ビールやワインよりは焼酎やウーロンハイというように、
糖質が取れない蒸留酒に切り替えることをおすすめします。


最近では糖質を気にして
ビールではなくハイボールを頼む人も
増えていますよね。

とはいえ糖質が少ないとは言え
カロリーが含まれているのは変わりないので
カロリーオーバーには気をつけましょう。

どうしてもビールが好き!

例えば、苦手なハイボールをたくさん飲むよりは
大好きなビールを少量飲んだ方が
満足度が上がるというなら
そういった飲み方も◎

ただしビールをたくさん飲んで
痩せようというのは結構難しいです。。

お酒を飲むとむくみやすい人や体調がすぐれないという人は控えましょう

お酒を飲むとむくみやすい人や
体調がすぐれないという人、
特に顔が赤くなる人の場合、
アセトアルデヒド(アルコールを分解する酵素)低活性型の可能性があります。

アセトアルデヒド分解酵素低活性型は、
日本人の38%、不活性型は6%いると言われます。

不活性型はまったくお酒が飲めない人、
低活性型はお酒を飲むと顔が赤くなる人。

お酒を飲むとむくみやすい人や体調がすぐれないという人
、特に顔が赤くなる人は、
アセトアルデヒド(アルコールを分解する酵素)低活性型の可能性を疑いましょう。

アセトアルデヒド(アルコールを分解する酵素)低活性型のように、
分解酵素が少ない人は、アルコール分解が遅いので、
分解酵素が多い人よりも長い間、体内にアルコールが残ります。

アルコールを分解するために、
抗酸化作用物質やビタミンが多く消費されます。

こういうタイプの場合は、
お酒を飲むことで代謝を悪くしているので、
ダイエットにアルコールは不向きです。